柚子胡椒

 「胡椒」という名前ではありますが、一般的な意味の胡椒、つまり「洋胡椒」は含まれておらず、唐辛子を用いた調味料です。熊本県で普通に「胡椒」を頼むと唐辛子が出てきたりするのでとまどいますが、どうも九州での一部の方言なのでしょう。こうした方はラーメンにかける胡椒は「洋胡椒」と区別して呼んでいます。

 柚子胡椒も唐辛子系の胡椒の一つで、柚子の果実の皮と、唐辛子を荒く砕いたものと、塩を混ぜて練つぶしたものす。唐辛子は赤唐辛子であったり、青唐辛子であったりします。小さなビンに詰めて売られていることが多いようです。

 乾燥したものではなく粉ではありませんので、普通の胡椒や唐辛子のようにパラパラと振りかけられるものではなく、ちょっとすりおろし立ての本わさびのような感じです。小さなヘラ状の小さじなどですくって料理に入れます。

 特にうどんやそばに入れることが多いのですが、九州ではなじみ深い調味料でして、麺類ではスパゲッティに柚子胡椒味のメニューがあったり、鍋や汁物、天ぷらのつけつゆにも入れるほか、いろいろな料理に使っています。

 どうも九州では特に好まれている味らしく、ポテトチップや柿の種といった有名どころのスナック菓子にも柚子胡椒味がありますし、変わったところでは、チョコレートにも柚子胡椒味のものが販売されたりましています。ただし、この場合は柚子胡椒そのものではなく、柚子と唐辛子の風味を出すパウダーが使われています。

[child_pages width=”33%” size=”large”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>