辛子蓮根調理法

 その他、出来上がった辛子蓮根の調理法としては、たとえば蓮根の天ぷらがあるくらいですから、輪切りにした辛子蓮根にさらに天ぷら粉をつけて天ぷらにしてしまいます。ちょっと二度手間のように思えるかもしれませんが、普通辛子蓮根一本丸ごとをいっぺんに食べるのは骨がおれるくらいですから、余って冷蔵庫に入れておいたものを利用したいという場合が必ずあるのです。手軽に他の味にしたいなといった時にはちょうどいいでしょう。

 そのまま焼いてもおいしいようです。中身が辛子と味噌ですから、なんだか「田楽」に似たものになります。ただ、この場合中身はなかなか焼けるものではありませんで、蓮根の方が焦げてしまいます。ほどほどに焼くか、そもそも味噌田楽風に仕上がるわけですから、輪切りにした辛子蓮根にさらに周りに味噌を塗ってもなかなか合います。田楽という料理はだいたい甘いものですから、「甘辛」の辛子蓮根ならば、辛目の味噌を、「辛い」辛子蓮根であれば甘めの味噌もおもしろいと思うのですが、いかがでしょうか?

 私自身は、チャーハンなど炒め物が好きなので、辛子蓮根も炒めてみました。おいしいのですが、炒めている最中に中身が崩れ落ちてしまうので、厚めに切ってサッと炒めるというこつがいります。

 次はどんな調理をしてみるか、うどんやラーメンに乗せて食べるのはふつうにおいしくいただいていますので、ただいま思案中なのですが、こうして考えるだけでも結構楽しいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>