お客様の声「不思議な食感の辛子蓮根」

 辛子蓮根は見た目も変わっていますが、なんとも不思議な食感なので最初はびっくりしました。

 そもそも蓮根に辛子を詰めたものだと聞いただけで、なんだか辛そうなイメージでしたから、ちょっと敬遠していたのです。ただ色々な味付けがしてあるのが普通だとも聞いていましたので、お土産用で甘辛味噌で仕立てたものだからと出されたものを食べてみましたところ、これが結構おいしかったのです。

 聞けば本来の伝統の味はむしろこちらが近いとのこと。始めは蓮根のシャキシャキ感が噛みごたえを感じますが、甘辛い味噌辛子がそれに混じってきます。

 外側の衣は天ぷら風のカリカリした感じを予想していたのですがふんわりと柔らかく、これらが混じるとちょうどいい味わいを生み出しますので、そこでご飯を食べるととてもおいしくいただけました。

 こうなると他の味付けも食べてみたくなってきましたので、普通に熊本の家庭で作っているという方も食べてみました。

 やめた方がいいというのを無視して、そのままで食べてみたら、その辛かったこと。激辛好きの方ならいいのかもしれませんが、ちょうどワサビの効きすぎたお寿司と一緒です。これは好みに応じて穴に詰まった辛子を自分で抜いて食べるのが本当なのだそうで、なるほどみなさん直接食べたり、適当に箸で中身を抜いていたり人様々で、これは別に失礼には当たらない自然な食べ方なのだそうです。

 ですから初めての方は古来の味であるはずの甘辛仕立ての辛子蓮根の方を選んだ方がいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>