img59601801

いろんな種類

熊本県のいきなり団子は普通に買えばどこでもほぼ同じものしか置いていないのですが、中にはちょっと工夫された種類もあります。例えば郷土料理を扱っている「平家屋」という店では皮に黒糖や紫から芋を混ぜたものを扱っています。特に後者は、お菓子としては関係ないのでしょうが、皮に紫色の艶があって、その奥にあんこの黒とサツマイモの黄色が透けて見えるので、なんだか美術品か工芸品のような雰囲気です。贈り物にはこれはいいのかもしれません。

自分で作るのであればいろんなバリエーションが考えられます。

例えばサツマイモの固まりが大きすぎるように感じるのであれば(本来がそういうものなのですが)これを細切れにして入れてもいいですし、つぶして練っておいてもいいでしょう。さらに食感は損なわれますが、そもそもこの部分をスイートポテトにしてもおいしくなります。

食感は大切にしたいという方なら、サツマイモを切るときに逆に薄めに切って、その間にあんこを挟んでみてもいいです。このサンドイッチ製法ならば、間に挟むのは例えばレーズンバターや、チーズなどでもおもしろいかもしれません。ただ、いきなり団子とはかけ離れてはいきますが。

ほんらいのいきなり団子の食感は守りたいという向きなら、だいたいが甘さが控えめの印象ですから「平家屋」のように皮に工夫をこらすのもいいかもしれません。例えば皮の内側にあたる部分にあらかじめどっさり砂糖をまぶしてしまえば甘くなりますし、ザラメを使えばひと味違った食感になります。

基本的な作り方が簡単ですから、皆さんもいろいろと試してもらえれば嬉しい限りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>