1029-i1

いきなり団子の作り方

いきなり団子の作り方は材料の種類も少なく、とても簡単にできますから、ぜひとも試してみてください。ただし蒸し器は必要ですね。

ここでは一般的な家庭での作り方として、10個作るとして御説明しましょう。

用意する材料

1.直径5cmくらいのサツマイモ1本
2.薄力粉150g
3.米湖(団子粉、白玉粉でもよい)250g
4.こしあん150g
5.塩小さじ1杯

*ちょっと付け足しますと、白玉粉はもち米のみを原料として作られたもので、団子粉はもち米とうるち米を原料としたものです。後者の方が柔らか過ぎず、コシが強くなります。(米粉はやはりもち米とうるち米を原料としますが、製法が違うのです。)

薄力粉、米粉、塩をよく混ぜて皮を作り30分ほど寝かせます。皮はよくこねます。

次にサツマイモの皮をむいて、1.5cm程度に輪切りに切ります。皮はそのままでも構いませんが。

それからその上に大さじですくったあんこをのせ、作っておいた皮に包みます。これはただサツマイモの上にのせてもいいですし、上からサツマイモの周囲まで回し込んで側面まで包んでも構いません。だいたいサツマイモに対してあんこは半分くらいの比率にすることが多いようです。

これを蒸すのですが、下にガーゼなどの布をひいて置かないと後でくっついてしまいます。皮に艶が出て半透明のクリーム色っぽくなってきますが、サツマイモはなかなか火が通りません。箸などで突き刺してみて、サツマイモにすんなり刺さるようになったら出来上がりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>