カテゴリー別アーカイブ: お菓子

デコポン

フレッシュなお菓子、デコポンゼリー

「デコポン」という果物を使った、「デコポンゼリー」というお菓子について紹介していきたいと思います。そもそも「デコポン」とは、柑橘類(かんきつるい)の果実の一種でありまして、果実の上部にこぶのような「デコ」があるのが外見上の最大の特徴です。デコポンの皮は表面が少し粗いのですが、果皮自体はむきやすく、果肉は柔らかで汁気を多く含んでいてジューシーな果実です。デコポンについては非常に厳しい基準が設けられていて、糖度が13度以上、クエン酸が1%未満と決められているので、酸味はあまり強くありません。熊本はデコポンの生産量が全国1位であり、この特産品であるデコポンを生かした「デコポンゼリー」というお菓子は、熊本では広く知られており、愛されています。

デコポンを使ってつくられるデコポンゼリーは、デコポンの甘さと味・香りを手軽に味わえる、老若男女から親しまれているお菓子です。あっさりとした甘さと、ジューシーな味わい、そして柑橘系特有のさわやかな香りを味わえることが、デコポンゼリーの醍醐味といえるでしょう。夏バテして食欲がないときなどでも、冷たくてのどごしもよいので、パクパクと食べることができます。市販されているデコポンゼリーの中には、ナタデココが入っているものや、デコポンの果肉がたっぷり使われているものあるそうです。ネットの通販サイトでも販売されているので、興味がおありの方はぜひ一度、召し上がってみてください。

ソフトクリーム

コクのある甘さがおすすめ!阿蘇小国ジャージソフトクリーム

ジャージー牛乳という名前を聞いたことがあるでしょうか?イギリス原産のジャージー牛という種類の牛がありまして、ジャージー牛は乳牛の中でも高級な牛で、そのジャージー牛乳はイギリスでは貴族に愛飲されていたそうです。ジャージー牛乳は、普通の牛乳に比べてタンパク質が高く、ビタミンやミネラル分も多いなど栄養分が豊富に含まれており、コクのある味が特徴です。現在のイギリス王室でも、ジャージー牛乳の乳製品が愛用されているそうです。

熊本にある阿蘇の小国地方では、日本でも早い時期からジャージー牛の飼育に取り組んできたそうで、現在でもジャージー牛の飼育が盛んです。なお、ジャージー牛は日本国内において、酪農家が飼育している乳牛の0.4%しか飼育されていないそうで、国内ではたいへん貴重な乳牛なのです。

熊本では、阿蘇の小国地方を中心として、ジャージー牛乳を利用したジャージーソフトクリームが販売されています。ジャージーソフトクリームは、濃厚でコクのある、あっさりとした甘さが最大の特色です。味にボリュームがあり、阿蘇の自然の恵みを存分に味わうことができます。阿蘇に訪れた際には、あちらこちらに点在しているソフトクリームを販売しているお店にぜひお立ち寄りいただいて、ジャージーソフトクリームを存分に楽しんで下さい。また、ソフトクリーム以外にも、ジャージー牛乳を利用したヨーグルトなども販売されています。興味があられる方は、そちらもぜひチャレンジしてみて下さい。

いきなりだんご

熊本で一番有名なお菓子、いきなり団子

みなさんは、熊本で一番有名なお菓子である「いきなり団子(だご)」をご存知でしょうか?いきなり団子は、適当な大きさに切りとったそのままの状態のサツマイモと粒あんを、もちもちの皮で包んで蒸した団子です。熊本ではスーパーの総菜コーナーや和菓子コーナーにも置いてある定番お菓子で、おやつとしてお茶と一緒によく食べられています。

いきなり団子のおいしさの特徴をいくつか挙げてみます。まず1つ目にホクホクのサツマイモが入っていることを挙げることができます。ペースト状のサツマイモではなく、そのままの形のものを蒸しているので、本来のサツマイモの食感を味わうことができます。次に、あんことサツマイモの程よくマッチした甘さを挙げることができます。粒あんとサツマイモの甘さがが口の中で混ざり合い、あっさりした甘さを味わうことができます。さらに、いきなり団子の皮のもちもちした感触を挙げることができます。水分を含んでいて弾力もある皮なので、歯ごたえもあるので、皮に包まれたサツマイモやあんこもおいしく味わうことができます。

定番のいきなり団子以外にも、地元の熊本では、黒糖が団子の皮に練り込んであるタイプのいきなり団子や、紫イモが団子の皮に練り込んであるタイプのいきなり団子もあります。黒糖タイプのものは、黒糖のコクのある甘さが加わったいきなり団子を味わうことができます。また、紫イモタイプのものは、鮮やかな紫色をしたいきなり団子を楽しむことができます。熊本ではスタンダードなお菓子である、いきなり団子。他の地域にお住まいの方も、ぜひ一度ご賞味ください。