熊本名物になった辛子蓮根

熊本名産の食べ物といったら、やっぱり「辛子蓮根」です!

熊本県外のお酒の好きな方と話をすれば、「熊本といえば、なんといっても辛子蓮根だろう」とよくいわれます。

辛子蓮根の歴史をたどると350年にもなり、その成り立ちには細川家がかかわっています。

約350年前ですが、当時の熊本藩主であった細川忠利は生来病弱でしたが、あるとき前任地であった豊前国の耶馬溪羅漢寺の禅僧であった玄宅が忠利を見舞ったときに、蓮根を食べるようにすすめました。                                                                                        そこで藩の賄方でありました平五郎が忠利の滋養強壮のために、加藤清正が熊本城の外堀に非常食として栽培していた蓮根の穴に、からし粉を混ぜた麦味噌を詰め、麦粉・そらまめ粉・卵の黄身を混ぜた衣をつけたものを菜種油で揚げたものを忠利に献上しました。                                                                                                                            蓮根を輪切りにした断面が細川家の家紋(九曜紋)と似ていたことから、門外不出の料理とされていたという伝承があります。

蓮根は増血剤として優れているうえに、からしには食欲増進作用があって健康に良いのです。                                                                                        明治維新からは一般家庭にも製法が伝わり、作られ食べられるようになって熊本名物となりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>