ゆずこしょう

柚子胡椒のおすすめの使い方

ここでは熊本名物である柚子胡椒(ゆずこしょう)のおすすめの使い方を紹介したいと思います。柚子胡椒とは、唐辛子系の胡椒の一つで、柚子の果実の皮と唐辛子を荒く砕いたものとを、塩を混ぜて練りつぶした、九州で広く親しまれている万能の調味料です。香りがよく、特にうどん、そばなどの麺類に使う機会が多いです。他にも天ぷらのつゆ、鍋や汁物、焼き鳥などにも使用されます。ぱあっと香りが漂い、食欲をそそる効果があります。辛さが少し苦手な方は、料理に少しだけ加えれば、香りを楽しむことができ、ピリッとした辛さを程よく感じることができます。柚子胡椒のちょっと変わった使い方として、餃子の付けだれに醤油、ラー油と一緒に混ぜたり、餃子を作るときに、具材に柚子胡椒を一緒に混ぜるという使い方もあります。

ここからは、おすすめの柚子胡椒を紹介したいと思います。熊本を中心に営業している「平家屋」という総菜屋さんで販売されている柚子胡椒は、風味が豊かで絶品です。平家屋の柚子胡椒のおいしさの秘密は2つあって、1つは胡椒と柚子の収穫期に、朝に収穫した採れたての胡椒と柚子を、その日のうちに柚子胡椒にして、新鮮な素材の風味を失わないよう心がけてつくっていること。もう1つは、お客さんに安心して食べてもらうため、安全な無農薬の柚子と胡椒を使用していることです。平家屋の柚子胡椒は、ピリッした辛さと香りがよいのが特徴で、あらゆる料理に合う万能調味料です。平家屋の柚子胡椒、ぜひ一度ご賞味ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>