くまモン

 くまモンとは熊本県のマスコットキャラクターで、2011年全国ゆるキャラグランプリで1位に輝きました。2012年は惜しくもひこニャンにその座を譲りましたが、今でも全国的に結構な人気でして、特に熊本県内では絶大な人気を誇っています。

 名前の由来は、「熊本県」の「くま」に、熊本県の方言で例えば色々と注文の多い人などを表す際に「やかましもん」と言い、これは「やかましく言う者」とでも訳すのですが、この者の部分を「もん」と言い表すところから名づけられています。

 熊本県内でも最初のうちは目が怖いという意見が多く、確かによくみれば若干黒目の部分が猫目になっているものですから、特に小さいお子さんには不評でした。

 ところが、次第になじんでくると人気が出てきて、他のゆるキャラと比較してもデザインが単純なのが幸いしてか覚えやすく、全国的に有名になっていったのです。

 全国的にはちょっと知られていない事実だと思うのですが、普通こういった県のキャラクター宣伝は本来なら広報課が主体になって行われるものですが、くまモンの場合はちょうど熊本県に新幹線が開業する時期に重なっていまして、出だしは新幹線総室から始まっています。

 その後外部委託でデザイナーの方にお願いして出来上がったのがくまモンで、前述のように第一印象がそれほどよくなかったのでボツになりかけたのですが、熊本県知事がゴーサインを出して決定されたといういきさつががあるのです。

 今では熊本県内でもくまモンがあふれかえっておりますし、全国的なキャラクターになりましたので、皆さんも多分どこかで見ておられますでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>