おいしい柚子胡椒・おすすめ柚子胡椒をご紹介いたします。

おいしい柚子胡椒・おすすめ柚子胡椒をご紹介するWEBサイトです。

長崎ちゃんぽんリンガーハットの柚子胡椒もおいしいです。

ウエストうどんの柚子胡椒もおいしいです。

ただ、風味があってツーンと鼻に来るピリッとした辛さの熊本土産の平家屋の柚子胡椒が今のところ一番おいしいです。

長崎県平戸の実家の裏で隣のおじちゃんが作ってくれていた無農薬の柚子胡椒が幼いころから大好きだった私ですが、あの昔懐かしい・添加物や保存料などが入っていない柚子胡椒を平家屋の柚子胡椒を食べると思い出します。

おじちゃんの作ってくれたゆずごしょうは無添加なので、すぐに変色し・ゆずのあのいい香りがすぐに消えてしまいます。

平家屋の柚子胡椒は無添加・無農薬ですが、冷凍庫にきちんと保存していれば、風味や色合いを損なわずにおいしく食べることができます。

もし、このWEBをご覧になられた方で、おすすめの柚子胡椒やおいしい柚子胡椒を知っているという方は、どうぞ柚子胡椒.comまでご連絡ください。

おすすめは平家屋の辛子蓮根!ほどよい辛さで熊本県外の方からも人気があります。

おすすめの辛子蓮根といえば、いにしえの味・おばあちゃんの味として熊本県民から親しまれている平家屋のからしレンコン!

ほどよい辛さが特徴で、熊本県外の方からの平家屋のインターネットでの取り寄せが多いそうです。

平家屋の辛子蓮根

もちろん辛子が入っていますので、鼻にツーンとくる感じが多少ありますが、そのツーンとくる感じが、マイルドというかまろやかという感が、全国的に贈り物としても喜ばれている秘訣だそうです。

もともとは、熊本の郷土のデパート鶴屋百貨店で約30年間(平成26年で30年目に突入されるそうです)販売していたそうですが、口コミがきっかけで全国発送の依頼が多く寄せられるので、お客様の声にお応えして、ホームページを開設して気軽に日本全国から注文できるようにしたそうです。

お客様の食べたとき・選んでいるときの笑顔がインターネットだと見れないので、少し残念と話す平家屋の本田代表。

熊本の中でも特に自然豊かで緑いっぱいの八代の泉町の新鮮素材もふんだんに使っているので、大切な方への贈り物・健康に気を使っている方へのプレゼントとして、熊本土産の辛子蓮根を贈ってほしいと話されていました。

熊本県民はご存じの方が多いですが、鶴屋百貨店の品質の基準はかなり厳しいらしく、その鶴屋百貨店で30年間安心・安全の素材を提供し続けたのは、本田社長のみなさんに自然の味でおいしいもの・健康的なものを食べてほしいという願いが込められているそうです。

なんといってももちもちの皮の食感と・蓮根のコリコリ・しゃきしゃき感!

それに加えピリッと辛い辛子で、熊本の焼酎や芋焼酎などにぴったりの味だそうです。

もちろん、お酒を飲まない方にも風味豊かなカラシ蓮根はおすすめの一品となっております。

 

熊本土産なら阿蘇くまもと空港で平家屋の辛子レンコンを買うのが一番です。

熊本土産なら阿蘇くまもと空港で購入する、平家屋の辛子レンコンがおすすめです。

熊本の定番お土産と言えば、馬刺し・柚子胡椒・いきなり団子・くまモングッズなどいろいろありますが、なんといっても平家屋の辛子蓮根が一番だと思います。

理由としては、

①贈られた相手がお店や商品をチェックするから

②ほどよいからさで全国の方でも食べることができるから

③もちもちの食感で、とにかくおいしいから

この3つがあげられると思います。

まず、①のお店や商品をチェックするという点で、熊本土産の平家屋さんは、郷土のデパート鶴屋百貨店で約30年間営業を続けているということです。

熊本県民なら誰でも知っている鶴屋百貨店は、その包装紙に誰もが憧れるほど高級なイメージがします。

現に鶴屋百貨店には、ルイビトン・シャネル・エルメスなどの高級ブランドがずらり並んでおり、もちろん店内や店舗に入るにはそれなりの身なり・それなりの覚悟がない限り近づくことができないほどの高級なオーラが漂っています。

安心・安全・高級志向の鶴屋百貨店の中で、熊本土産・熊本の郷土料理をメインに30年間販売を今なお続けている平家屋の商品は、熊本のちょっとリッチな客層・高級志向のお客様が買い求める、田舎料理だけれども本物志向の一品であります。

その平家屋の辛子蓮根は、やはり安全・安心はもちろんのこと、程よいからさで人気があり、お客様の声にお応えして贈答用として提供している一品です。

辛いのが苦手なお客様でも食べられると好評で、阿蘇くまもと空港・くまもと森都心プラザなどで販売したところ、売れ筋ランキングでもいつも取り上げられる一品となっています。

もちもちの食感でとにかくおいしい!

そんな安心・安全・高級志向の熊本土産の辛子蓮根を大切な方・日ごろお世話になっている方に贈ってみませんか?

里帰りしたときに久々に熊本名物辛子蓮根を食べました。

2年ぶりに熊本に里帰りしたときに久々に辛子蓮根を食べました。

子どものころは辛くてあまり好きではなかったけれど、今では熊本の名物ということもあり、旦那様と一緒に辛子蓮根を食べました。

芋焼酎が飲めるようになったのと同時に、鼻にツーンとくるこの辛さが大丈夫になってきました。

大丈夫というより、好きになってきています。

今度は旦那の実家に熊本土産として辛子蓮根を持っていきたいです。

デコポン

フレッシュなお菓子、デコポンゼリー

「デコポン」という果物を使った、「デコポンゼリー」というお菓子について紹介していきたいと思います。そもそも「デコポン」とは、柑橘類(かんきつるい)の果実の一種でありまして、果実の上部にこぶのような「デコ」があるのが外見上の最大の特徴です。デコポンの皮は表面が少し粗いのですが、果皮自体はむきやすく、果肉は柔らかで汁気を多く含んでいてジューシーな果実です。デコポンについては非常に厳しい基準が設けられていて、糖度が13度以上、クエン酸が1%未満と決められているので、酸味はあまり強くありません。熊本はデコポンの生産量が全国1位であり、この特産品であるデコポンを生かした「デコポンゼリー」というお菓子は、熊本では広く知られており、愛されています。

デコポンを使ってつくられるデコポンゼリーは、デコポンの甘さと味・香りを手軽に味わえる、老若男女から親しまれているお菓子です。あっさりとした甘さと、ジューシーな味わい、そして柑橘系特有のさわやかな香りを味わえることが、デコポンゼリーの醍醐味といえるでしょう。夏バテして食欲がないときなどでも、冷たくてのどごしもよいので、パクパクと食べることができます。市販されているデコポンゼリーの中には、ナタデココが入っているものや、デコポンの果肉がたっぷり使われているものあるそうです。ネットの通販サイトでも販売されているので、興味がおありの方はぜひ一度、召し上がってみてください。

ソフトクリーム

コクのある甘さがおすすめ!阿蘇小国ジャージソフトクリーム

ジャージー牛乳という名前を聞いたことがあるでしょうか?イギリス原産のジャージー牛という種類の牛がありまして、ジャージー牛は乳牛の中でも高級な牛で、そのジャージー牛乳はイギリスでは貴族に愛飲されていたそうです。ジャージー牛乳は、普通の牛乳に比べてタンパク質が高く、ビタミンやミネラル分も多いなど栄養分が豊富に含まれており、コクのある味が特徴です。現在のイギリス王室でも、ジャージー牛乳の乳製品が愛用されているそうです。

熊本にある阿蘇の小国地方では、日本でも早い時期からジャージー牛の飼育に取り組んできたそうで、現在でもジャージー牛の飼育が盛んです。なお、ジャージー牛は日本国内において、酪農家が飼育している乳牛の0.4%しか飼育されていないそうで、国内ではたいへん貴重な乳牛なのです。

熊本では、阿蘇の小国地方を中心として、ジャージー牛乳を利用したジャージーソフトクリームが販売されています。ジャージーソフトクリームは、濃厚でコクのある、あっさりとした甘さが最大の特色です。味にボリュームがあり、阿蘇の自然の恵みを存分に味わうことができます。阿蘇に訪れた際には、あちらこちらに点在しているソフトクリームを販売しているお店にぜひお立ち寄りいただいて、ジャージーソフトクリームを存分に楽しんで下さい。また、ソフトクリーム以外にも、ジャージー牛乳を利用したヨーグルトなども販売されています。興味があられる方は、そちらもぜひチャレンジしてみて下さい。

いきなりだんご

熊本で一番有名なお菓子、いきなり団子

みなさんは、熊本で一番有名なお菓子である「いきなり団子(だご)」をご存知でしょうか?いきなり団子は、適当な大きさに切りとったそのままの状態のサツマイモと粒あんを、もちもちの皮で包んで蒸した団子です。熊本ではスーパーの総菜コーナーや和菓子コーナーにも置いてある定番お菓子で、おやつとしてお茶と一緒によく食べられています。

いきなり団子のおいしさの特徴をいくつか挙げてみます。まず1つ目にホクホクのサツマイモが入っていることを挙げることができます。ペースト状のサツマイモではなく、そのままの形のものを蒸しているので、本来のサツマイモの食感を味わうことができます。次に、あんことサツマイモの程よくマッチした甘さを挙げることができます。粒あんとサツマイモの甘さがが口の中で混ざり合い、あっさりした甘さを味わうことができます。さらに、いきなり団子の皮のもちもちした感触を挙げることができます。水分を含んでいて弾力もある皮なので、歯ごたえもあるので、皮に包まれたサツマイモやあんこもおいしく味わうことができます。

定番のいきなり団子以外にも、地元の熊本では、黒糖が団子の皮に練り込んであるタイプのいきなり団子や、紫イモが団子の皮に練り込んであるタイプのいきなり団子もあります。黒糖タイプのものは、黒糖のコクのある甘さが加わったいきなり団子を味わうことができます。また、紫イモタイプのものは、鮮やかな紫色をしたいきなり団子を楽しむことができます。熊本ではスタンダードなお菓子である、いきなり団子。他の地域にお住まいの方も、ぜひ一度ご賞味ください。

ゆずこしょう

柚子胡椒のおすすめの使い方

ここでは熊本名物である柚子胡椒(ゆずこしょう)のおすすめの使い方を紹介したいと思います。柚子胡椒とは、唐辛子系の胡椒の一つで、柚子の果実の皮と唐辛子を荒く砕いたものとを、塩を混ぜて練りつぶした、九州で広く親しまれている万能の調味料です。香りがよく、特にうどん、そばなどの麺類に使う機会が多いです。他にも天ぷらのつゆ、鍋や汁物、焼き鳥などにも使用されます。ぱあっと香りが漂い、食欲をそそる効果があります。辛さが少し苦手な方は、料理に少しだけ加えれば、香りを楽しむことができ、ピリッとした辛さを程よく感じることができます。柚子胡椒のちょっと変わった使い方として、餃子の付けだれに醤油、ラー油と一緒に混ぜたり、餃子を作るときに、具材に柚子胡椒を一緒に混ぜるという使い方もあります。

ここからは、おすすめの柚子胡椒を紹介したいと思います。熊本を中心に営業している「平家屋」という総菜屋さんで販売されている柚子胡椒は、風味が豊かで絶品です。平家屋の柚子胡椒のおいしさの秘密は2つあって、1つは胡椒と柚子の収穫期に、朝に収穫した採れたての胡椒と柚子を、その日のうちに柚子胡椒にして、新鮮な素材の風味を失わないよう心がけてつくっていること。もう1つは、お客さんに安心して食べてもらうため、安全な無農薬の柚子と胡椒を使用していることです。平家屋の柚子胡椒は、ピリッした辛さと香りがよいのが特徴で、あらゆる料理に合う万能調味料です。平家屋の柚子胡椒、ぜひ一度ご賞味ください。

からしれんこん

辛子れんこんのおすすめの食べ方

ここでは、熊本名物の辛子れんこんのおすすめの食べ方を紹介したいと思います。まず、辛子れんこんの切り方ですが、丸ごとで売っているものならば、1cmほどの厚さに切るのがよいでしょう。これは、周りの衣がはがれたり、穴の辛子が落ちたりしないようにするためです。包丁を降ろして、手前に引くように切り分けるときれいに切ることができます。なお、厚めに切ったほうが切りやすく、れんこんの歯ごたえが味わえることを付け加えておきます。

自分の好みに応じて、穴に詰まった辛子を自分で抜いて食べるのが、辛子れんこんの正しい食べ方だそうです。また、一風変わった食べ方としては、マヨネーズを付ける食べ方があります。マヨネーズを付けると辛さが和らいで、案外おいしく食べることができます。さらに、人によっては塩を振りかけたり、醤油党の人は醤油を、ソース党の人はソースを、それぞれ辛子れんこんにかけて食べることもあります。

最後におすすめの辛子れんこんを紹介しておきます。熊本を中心に営業している「平家屋」という総菜屋さんで販売されている辛子れんこんです。平家屋の辛子れんこんの特徴として、まず辛子は、140年以上続く醤油屋さんのお味噌と、風味豊かな辛子を練り合わせて作られており、辛さ控えめの味付けになっています。また衣も、れんこんのシャキシャキ感によく合う、モチっとした衣に仕上がっています。皮の鮮やかな黄色もウコンの色で、人工着色料は一切使っていません。平家屋の辛子れんこんを、ぜひ一度お試しください。

にしめ たかな

おすすめの一品!高菜入り「にしめ万十」

皆さんは「にしめ万十」をご存知でしょうか?初めてこの名前を耳にした方も多いと思うのですが、「にしめ万十」はその名の通り、にしめを万十で包んだ食べ物です。「にしめ万十」は、熊本を拠点に営業している「平家屋」という総菜屋さんで販売されている、熊本でも有名な名物商品です。

「にしめ万十」にはたくさんの種類があるのですが、その中でも、熊本の阿蘇の特産品である高菜が入った「にしめ万十」は、根強い人気のある商品です。熊本では、高菜を塩漬けにした「高菜漬け」が特産品であるため、高菜漬けを材料にして炒めた「高菜チャーハン」や阿蘇の名物「高菜めし」などが好んで食べられています。また、熊本ラーメンのトッピングとしても、油で炒めた高菜漬けが使われています。熊本で愛されている高菜が入った高菜入り「にしめ万十」も、熊本県民だけでなく県外の方からの人気も高い商品となっています。

時間をかけてゆっくりと朝食を摂ることのできないビジネスマンの方、おふくろの味を味わいたい一人暮らしの方、子どもさんに伝統的な和食を味わってもらいたい親御さんなどに、「にしめ万十」はたいへんおすすめです。また、「にしめ万十」は贈り物としても喜ばれるそうで、贈答品として購入される方も多くいらっしゃるそうです。高菜入りの「にしめ万十」の他にも、平家屋には「にしめ万十」が種類豊富に用意されています。ぜひ一度平家屋に足を運び、その味をお確かめ下さい。

にしめ ひじき

おすすめ!ひじき入り「にしめ万十」

「にしめ万十」という食べ物をご存知ですか?「にしめ万十」とは名前の通り、にしめを万十で包んだ食べ物です。「にしめ万十」は、熊本の「平家屋」という田舎料理専門の総菜屋さんで販売されている、熊本でも人気の高い名物商品です。

「にしめ万十」はたくさん種類があるのですが、中でもひじき入りの「にしめ万十」は若い人に人気のある商品です。平家屋のひじきは、オリジナルの醤油で味付けされていて、たまらない甘さが特徴です。また、独特の磯の風味も味を引き立てています。栄養の点からも、ひじきのカルシウムは牛乳の約12倍、食物繊維はゴボウの約7倍、鉄分はレバーの約6倍と非常に栄養価が高い優れた食品といえます。さらに、平家屋の「にしめ万十」は具材が細かくカットされているので、子どもさんや高齢者の方もおいしく食べることができます。

おふくろの味が懐かしい一人暮らしをしている方、朝時間をかけて朝食を食べることができない忙しい方、子どもさんに伝統的な和食の味を知ってもらいたい親御さんなどに、「にしめ万十」はおすすめの商品です。また、「にしめ万十」は贈り物としてもたいへん喜ばれるそうで、贈答品として購入される方もいらっしゃるそうです。平家屋はひじき入りの「にしめ万十」の他にも、バリエーション豊富な「にしめ万十」が用意されています。一度、平家屋に足を運ばれてみて、ぜひその味をお確かめ下さい。

いきなり むらさき

鮮やかな紫色がおすすめの紫カライモのいきなり団子

熊本の名物で全国的にも有名な「いきなり団子(だご)」を知っていますか?地元の熊本では、おやつなどによく食べられるお菓子です。いきなり団子は、サツマイモをすりつぶすことなく、そのままの状態で適度な大きさに切り、小豆のあんこを乗せて、小麦と団子粉の皮に入れて蒸した団子です。ホクホクしたサツマイモは食べ応えがあります。また、サツマイモを塩水でアク抜きして、団子の皮にも塩を混ぜるので、程よい塩気とあんこの甘さを味わえます。塩気とあんこの甘さがよく合った、あっさりした甘さを味わうことができます。さらに、団子の皮もモチモチしていて、団子のおいしさをより一層引き立てます。

ここから、おすすめのいきなり団子を紹介いたします。「平家屋」という、熊本では有名な総菜屋さんで作られているいきなり団子です。このお店では3タイプのいきなり団子が販売されているのですが、今回は紫カライモが団子の皮に練り込んである「紫カライモのいきなり団子」をおすすめします。国内産の小豆を、工場のある自然豊かな泉町のきれいな水でしっかりと煮詰めてじっくり練り上げた、甘さ控えめのあんこが使われています。また団子の皮も、熟練した勘と経験をもった職員が丹精込めて、モチモチした特製の皮をつくっています。そして、サツマイモと手作りのあんこを1つ1つ手作業でモチモチの手作り皮に包んでいます。さらに紫カライモのいきなり団子は平家見た目も鮮やかで、食欲をそそります。平家屋の紫カライモのいきなり団子。ぜひ一度ご賞味下さい。

にしめ きりぼし

おすすめします、切り干し大根の「にしめ万十」

みなさんは熊本で定評のある「にしめ万十」をご存知でしょうか?「にしめ万十」とはその名の通り、にしめを万十で包んだものです。熊本を拠点に営業している「平家屋」という九州の田舎料理専門の惣菜屋さんで販売されています。「にしめ万十」は、地元熊本でたいへん人気のある食べ物です。

平家屋では豊富な種類の「にしめ万十」が販売されています。その中でも「切り干し大根」が使われている「にしめ万十」を、ここでは紹介したいと思います。日本のお袋の味の代表格でもある切り干し大根ですが、切り干し大根の「にしめ万十」も干した大根特有の甘さを味わうことができます。また、その風味は郷愁の念を呼び起こし、懐かしくほっとする落ち着いた気持ちにしてくれます。まんじゅうの皮のもちもちした食感にも合っており、まさに絶品です。

朝、時間をかけて朝食をとることができないビジネスマンの方や、おふくろの味を懐かしく感じている一人暮らしの方に、「にしめ万十」はたいへんおすすめです。また、切り干し大根が苦手な方や、大根などの野菜嫌いなお子様のいらっしゃる家庭、ヘルシー志向の若い女性にもおすすめです。最近は「にしめ万十」を贈り物として購入されるお客さんも多いそうで、贈答用としての購入もおすすめします。平家屋では「切り干しだいこん」の「にしめ万十」の他にも、「にしめ万十」がバリエーション豊富に揃えられています。お店に足を運んで、ぜひ一度その味をお確かめください。

にしめ たけのこ

これはおすすめ!干したけのこ「にしめ万十」

熊本には「にしめ万十」という食べ物があります。みなさんは「にしめ万十」とはどういう食べ物なのかご存知でしょうか?「にしめ万十」とはその名の通り、にしめを万十で包んだ食べ物です。熊本にある「平家屋」という田舎料理専門の惣菜屋さんで販売されており、地元熊本ではたいへん人気の高い商品です。

平家屋で販売されている「にしめ万十」はたくさんの種類があるのですが、今回はその中の「干し竹の子」が使われている「にしめ万十」を紹介したいと思います。干し竹の子の「にしめ万十」に使われているものは、ただの干し竹の子とは一味違います。九州の山間で春の間に収穫した竹の子を、一年間味わうことができるよう、乾燥させて保存した、特製の干し竹の子です。それを1つ1つ丁寧に手間をかけ、水で戻して味付けをした竹の子を使ってできた商品です。竹の子のコリコリ感と、もちもちのまんじゅう皮がマッチして、絶妙な食感を醸し出しています。また、竹の子ににしめの味がしみこんでいて、深い味わいを楽しむことができます。

ゆっくりと時間をかけて朝食を食べることができない学生さんやビジネスマンの方、おふくろの味が懐かしい一人暮らしの方、お子様に和食を手軽に味わって欲しい親御さんに、「にしめ万十」はたいへんおすすめです。また、「にしめ万十」を贈り物として購入されるお客さんも多いそうです。平家屋では「干したけのこ」の「にしめ万十」の他にも、「にしめ万十」が種類豊富に揃えられています。ぜひ一度お店に足を運び、その味をお確かめください。

いきなり くろ

これはおすすめ!黒糖いきなり団子

みなさんは、熊本名物の「いきなり団子(だご)」を知っていますか?いきなり団子とは、すりつぶしていない状態のサツマイモを適当な大きさに切って、あずきあんを乗せて、小麦と団子粉の皮で包んで蒸した料理です。ホクホクのサツマイモは、食べ応えがあります。塩水でサツマイモを灰汁(あく)抜きして、団子の皮にも塩を混ぜるので、塩気の後に、甘いあんこが口の中に広がってきます。塩気とあんこの甘さが程よくマッチして、あっさりした甘さが味わえます。また団子の皮のモチモチもおいしさを引き立ててくれます。

ここからは、おすすめのいきなり団子を紹介したいと思います。熊本の「平家屋」という、九州の田舎料理を専門に営業されている総菜屋さんで販売されているいきなり団子です。平家屋は3種類のいきなり団子を販売しているのですが、ここではコクのある味が特徴の「黒糖タイプのいきなり団子」をおすすめします。国産のあずきをきれいな水でしっかりと煮詰め、時間をかけて練り上げた、甘さ控えめの手作りあんこが使われています。熟練した職員の経験と勘で、一つ一つ手間をかけて作られたモチモチした団子の皮も最高です。そして、サツマイモと手作りのあんこを1つ1つ手作業で丁寧に皮で包んでいます。さらに黒糖タイプのいきなり団子は、団子の皮に黒糖が練り込んであるため、黒糖のコクのある甘さも味わうことができます。通常のいきなり団子とは一味違う、平家屋の黒糖タイプのいきなり団子。ぜひ一度ご賞味下さい。

いきなりだんご

安定したおいしさがおすすめ!プレーンタイプのいきなり団子

熊本の郷土料理である「いきなり団子(だご)」をご存知でしょうか?熊本では、おやつにもよく食べられるお菓子です。すりつぶしていないそのままの状態のサツマイモを適度な大きさに切り、あずき餡(あん)を乗せ小麦と団子粉の皮で包んで蒸した料理です。サツマイモがホクホクして、食べ応えもあります。サツマイモを塩水で灰汁(あく)抜きし、団子の皮にも塩を混ぜるため、少し塩気を感じた後、あんこの甘さが広がってきます。塩気とあんこの甘さがマッチして、あっさりとした甘さを味わえます。またモチモチした団子の皮もおいしいさを引き立てます。

ここからは、おすすめのいきなり団子を紹介したいと思います。熊本を拠点に営業している、「平家屋」という田舎料理専門の総菜屋さんで販売されているいきなり団子です。平家屋では3種類のいきなり団子が販売されているのですが、ここではスタンダードないきなり団子を味わうことができる「プレーンタイプのいきなり団子」をおすすめします。あんこは国産のあずきを、自然が豊かな工場のある泉町のきれいな水でしっかりと煮詰め、時間をかけてじっくり練り上げた、甘さ控えめのものが使われています。また団子の皮も、熟練した勘と経験をもつ職員達の手で、モチモチした特製の皮がつくられています。そして、サツマイモと手作りのあんこを1つ1つ手作業で丁寧に皮で包んでいます。熱いお茶にもよく合う、平家屋のいきなり団子。ぜひ一度ご賞味下さい。

にしめ きんぴら

キンピラごぼうを使った「にしめ万十」はおすすめです!

このページでは「にしめ万十」について紹介したいと思います。とは言ったものの、「「にしめ万十」とは一体どういう食べ物なのだろう?」という方も少なからずいらっしゃることと思います。簡単に説明すると「にしめ万十」は名前の通り、万十の中ににしめが入った食べ物です。熊本の「平家屋」という総菜屋さんで販売されており、たいへん人気がある商品です。

平家屋で販売されている「にしめ万十」は種類が非常に豊富なのですが、ここではその中の「キンピラごぼう」を使った「にしめ万十」の魅力を紹介していきます。平家屋の「にしめ万十」に使われているキンピラゴボウは、一本一本手作業で、丁寧に薄く笹切りにしたごぼうを、しっかりと灰汁(あく)抜きして、味に雑味が出ないよう、にしめにしています。噛めば噛むほど、歯ごたえのあるごぼう独特のうまみと、一味(いちみ)のピリッとした辛さのアクセントがたまりません。またご存知のように、ごぼうは繊維が豊富な食材なので、便秘がちの女性にも人気が高い、おすすめの料理です。

朝、なかなか落ち着いて朝食を食べることができない方や、お子様に手軽に和食を味わってもらいたい方、九州のおふくろの味を味わいたい一人暮らしの方に、「にしめ万十」はたいへんおすすめの商品です。また、「にしめ万十」は贈り物としてたいへん喜ばれるそうで、贈答用に購入される方もいらっしゃいます。平家屋では「キンピラごぼう」の「にしめ万十」以外にも、豊富な種類の「にしめ万十」が数多く用意されています。興味のある方は、一度足を運ばれて、ぜひその味をお確かめください。

にしめ ごもく

五目「にしめ万十」は、おすすめの一品です!

みなさんは「にしめ万十」という食べ物をご存知でしょうか?「にしめ万十」という名前を初めて耳にされた方も多いかもしれません。「にしめ万十」は、にしめを万十の中に入れた食べ物で、九州の田舎料理を専門にしている熊本の「平家屋」という総菜屋さんで販売されています。

平家屋の「にしめ万十」はバリエーション豊富なのですが、ここでは「五目にしめ」の入った「にしめ万十」を紹介したいと思います。「五目」という名前の通り、人参(にんじん)、ごぼう、しいたけ、蓮根(れんこん)、筍(たけのこ)の5種類の具材をたっぷりと使ったにしめが万十に包んであります。それぞれの具材から野菜の旨みが出ており、野菜を食べていることが実感できるため、野菜をたくさん摂りたい方にたいへんおすすめです。また、1つ1つの素材を細かく丁寧に食べやすい大きさに切ってあるので、高齢の方や小さい子どもさんもおいしく食べることができます。

朝、ゆっくりと朝食を食べることができない多忙なビジネスマンの方、お子様に伝統的な和食を手軽に味わって欲しい親御さん、おふくろの味を懐かしんでいる一人暮らしをしている方に、「にしめ万十」はおすすめの一品です。また、贈り物として「にしめ万十」を購入される方も多いそうです。平家屋では「五目にしめ」の「にしめ万十」の他にも、豊富な種類の「にしめ万十」が揃えられています。興味のある方は、ぜひ一度その味をお確かめください。

にしめ 肉

「馬肉じゃが」が入っている、おすすめの「にしめ万十」

このページでは、「にしめ万十」という食べ物を紹介します。初めて「にしめ万十」という名前を耳にされた方も多いと思います。「にしめ万十」はその名の通り、万十の中ににしめが入った食べ物で、「平家屋」という熊本を中心に営業している総菜屋さんで販売されている、名物料理です。

平家屋で販売されている「にしめ万十」はバリエーション豊富なのですが、その中でも「馬肉じゃが」が入っている「にしめ万十」は大人気メニューです。馬刺しや馬肉は熊本の特産品の一つで大変有名なのですが、熊本ではその馬肉を使って肉じゃがをつくる家庭も多いのです。馬肉を使った肉じゃがというと、びっくりする方もいらっしゃると思いますが、意外にも馬肉は肉じゃがとマッチするのです。馬肉を使った「馬肉じゃが」の「にしめ万十」は、大人だけではなく子どもにも評判がよい、昔ながらのほっとする優しい甘さが特徴です。

「にしめ万十」は落ち着いてゆっくりと朝食を食べることができない忙しい方や、お子様に九州の伝統的な和食を味わってもらいたい親御さん、おふくろの味をじっくり味わいたい一人暮らしをしている方などに、おすすめの商品です。また、「にしめ万十」は贈り物としてたいへん喜ばれているそうで、贈答用に購入される方も少なくありません。熊本の平家屋では「馬肉じゃが」の「にしめ万十」以外にもたくさんの種類の「にしめ万十」が用意されています。興味を持たれた方は、ぜひ一度足を運ばれてみて、その味をお確かめください。

にしめ

心が温まる、おすすめの「にしめ万十」

「にしめ万十」という食べ物の名前を聞いたことがおありでしょうか?熊本を中心に、九州の田舎料理を販売している「平家屋」という総菜屋さんの名物料理です。このページでは、この「にしめ万十」の魅力についてお伝えしたいと思います。

そもそも「にしめ万十」とは一体どういう食べ物なのか?簡単に一言でいうと「にしめを万十のなかに入れたもの」です。現代の子どもたちが日本の伝統的な食事を味わえるよう、「手軽に食べられる和食を作ろう」という思いからつくられた万十なのです。

平家屋の「にしめ万十」は地元熊本でも、たいへんおいしいと評判なのですが、ここで「にしめ万十」のおいしさの秘密を紹介したいと思います。まず1つ目に、厳選された食材を1つ1つ手洗いし、具材を見極めうえで、それぞれの饅頭の大きさに合うように、手作業で丁寧に切っていることが挙げられます。2つ目に、140年以上続く伝統ある醤油屋さんとともにつくった、にしめ万十専用の特製オリジナル醤油を使っていることが挙げられます。3つ目に、全ての材料を大鍋に入れて煮ているということが挙げられます。大鍋で煮ることにより、素材の旨みが出て味に深みがでるのです。また、モチモチ・フワフワの饅頭の皮もおいしさの秘密の一つと言えるでしょう。

落ち着いて朝食を食べることができない方や、子どもに手軽に和食を味わってもらいたい方などに、おすすめの一品といえます。また、「にしめ万十」は贈り物としてもたいへん喜ばれているそうです。ぜひ一度、ご賞味ください。

ゆずこしょう

風味豊かな、おすすめの柚子胡椒

九州では定番の万能調味料である「柚子胡椒(ゆずこしょう)」をご存知でしょうか?柚子胡椒とは、唐辛子系の胡椒の一つで、柚子の果実の皮と唐辛子を荒く砕いたものとを、塩を混ぜて練りつぶしたものです。唐辛子は赤唐辛子であったり、青唐辛子であったりします。よく小さなビンに詰めて売られています。乾燥した粉状のものではなくで、すりおろし立ての本わさびのようなものを想像してもらうといいかと思います。小さなヘラ状の小さじなどですくって料理に入れます。

柚子胡椒を調味料として加える料理として、うどんやそばがありますが、他にも、スパゲッティに柚子胡椒味のメニューがあったり、鍋や汁物、天ぷらのつけつゆにも入れるなど、いろいろな料理に使われています。九州で特に好まれている味のようで、ポテトチップや柿の種といった有名なスナック菓子にも柚子胡椒味があります。

ここで、おすすめの柚子胡椒を紹介しましょう。熊本の鶴屋百貨店にある、九州の田舎料理が専門の総菜屋さん、「平家屋」で販売されているもので、ここの柚子胡椒は風味が豊かで絶品です。おいしさの秘密は2つあります。1つは、胡椒と柚子の収穫期に、朝採れたての胡椒と柚子をその日のうちに柚子胡椒にして、新鮮な素材の風味を失わないようにしていること。もう1つは、無農薬の柚子と胡椒を使用していることです。平家屋の柚子胡椒は、香りもよくピリッと辛い、和洋中すべての料理においしく合う万能の調味料です。ぜひ一度、平家屋の柚子胡椒をお試し下さい。

karashirenkon

辛さ控えめ、おすすめの辛子れんこん

熊本の郷土料理、「辛子れんこん」をご存知でしょうか?辛子れんこんは熊本県の郷土料理の一つで、太めの蓮根の穴に味噌と和辛子を混ぜたものを詰めて、卵黄を混ぜた衣でくるんで揚げた料理です。食べる際には、それを輪切りにします。

辛子れんこんの由来について簡単にふれておきましょう。江戸時代に熊本藩を治めていた細川家の初代藩主細川忠利公は、元来病弱でした。からし蓮根は、その忠利公の滋養食(蓮根には造血剤としての働き、辛子には食欲増進作用がある)として、献上されたものだといわれています。江戸時代には細川家の門外不出の料理だったそうですが、明治以降は作り方が広まり、現在では、熊本の名物料理の一つとなりました。

ここで、おすすめの辛子れんこんを紹介したいと思います。熊本に鶴屋百貨店という地元では有名な百貨店があります。そこを中心に営業している「平家屋」という、九州の田舎料理を販売している惣菜屋さんで、おいしい辛子れんこんが販売されています。

このお店の辛子れんこんに使われている辛子は、140年以上続く醤油屋さんのお味噌と、風味豊かな辛子を練り合わせて作られていて、辛さ控えめの味付けなので、老若男女問わず、どなたでもおいしく召し上がることができます。また、衣の部分も蓮根のシャキシャキ感とマッチする秘伝の配合で、モチっとした衣に仕上がっています。皮の鮮やかな黄色もウコンの色で、人工着色料は一切使っていないそうです。平家屋の辛子れんこんに興味がおありの方は、ぜひ一度味わってみてはいかがでしょうか?

いきなりだんご

おすすめの、ホクホクいきなり団子

熊本の名物、「いきなり団子」をご存知でしょうか?地元では「いきなりだご」と発音します。熊本ではおやつなどによく食べられるお菓子で、輪切りあるいは適度に切ったサツマイモの上にあずき餡(あん)を乗せて小麦と団子粉の皮でくるんだものを蒸したものです。ちなみにサツマイモはすりつぶしたりせずにそのままの状態です。大きさは直径がだいたい6cmくらいのものでしょうか。大福のように大きなものではありませんが、サツマイモがホクホクして、結構食べ応えがあります。

サツマイモを塩水で灰汁(あく)抜きしたものが多く、団子の皮にも塩を混ぜます。サツマイモ自体に特別な味付けをしているわけではありませんので、噛んだ時に少し塩気を感じて、あとはあんこの甘さが広がってきます。塩気とあんこの甘さが程よくマッチして、あっさりとした甘さが特徴です。

ここで、おすすめのいきなり団子を紹介したいと思います。熊本の鶴屋百貨店を中心に営業している「平家屋」という、九州の田舎料理を販売している惣菜屋さんのいきなり団子です。質や安全性が高い国産の自然な食材を使った、健康的でむかしながらの懐かしい味が特徴です。標準的なプレーンと、紫からいもを利用したいきなり団子、さらにモチモチした皮に黒糖を練りこんだいきなり団子など、種類も豊富です。自然な甘さとスタンダードな味で、贈り物として購入される方も多いそうです。味・質ともに折り紙付きの逸品なので、ぜひ一度、平家屋のいきなり団子を味わってみてはいかがでしょうか?