記事の詳細

秋から冬に掛けて、魚の刺身が美味しい時期です。

まず活き鯛の場合、三枚におろして皮をはぎ普通の刺身に切っていく場合とそえ切りと言って刺身一枚一枚を薄く切り皿に盛り付けしていく場合があります。

また締まった魚は三枚に降ろした後、皮目に熱湯を掛け霜降りにして刺身にします、すると刺身が活きもの同様コリコリ感が出て美味しくなります。

チヌも同様、ススキは三枚におろした後アバラ骨を取り皮をはぎ刺身にします、または塩焼き等美味しい魚です。

タチは三枚におろしアバラ骨を取り刺身にします。

魚は同様にして刺身にします。コノシロは三枚におろしたあとアバラ骨を取り骨切りしつつ皿に盛ります。

関連記事

美味しいおススメの熊本のお土産

ページ上部へ戻る