煮しめに詰まった母の愛

料理のレパートリーが少ない母の、得意としているものが煮しめでした。

材料はいろいろと凝ったものではなく、非常にシンプルです。

ごぼうににんじん、里芋、そしてこんにゃく。

母の煮しめのこんにゃくは必ず手綱にしていたのが印象的でした。

非常によく食卓に上がっていたので、特別なメニューではありませんが、今思えば、その素朴さは「安心感」であったのだと思います。

醤油がちょっと濃いめの、母の味。

特に味の感想を持たないほど、普通に食べていたのですが、実家を出てからとてもその味が恋しくなりました。

作れないわけではないけれど、自分一人の為にはやはり作らないものです。

総菜コーナーで数回買ってみましたが、やはりどこか違いました。

おいしいのですが、なんとなくしっくりこないのです。

野菜中心でヘルシーな煮しめは、家族の健康にとってもいいものでしょうし、そこにはいろいろな母の愛が詰まっていたのだなあと、改めて思うようになりました。

先日、実家に帰省した時、リクエストをしたわけではありませんが、夕飯に煮しめが出されました。

昔と変わらずおなじみの材料で、しかも同じお皿で出されたのが余計にほっとしました。

年を重ね、若干薄味になったようですが、一口食べると「これこれ」と思って頬張ったまま思わずにやりと笑ってしまいました。

美味しいおススメの熊本のお土産

ページ上部へ戻る