母親が作る煮しめは完璧です!

私は結婚後、主人の仕事のため転勤族となりました。
ですので、ゆっくりと実家に帰省できるのも年に2回(お盆とお正月)ほどです。

結婚して実家が遠くなってしまった私は、たびたび無性に母親が作ってくれる料理が恋しくなったりします(笑)

そんな私のために、帰省するたびに必ず母親は、私の大好物である煮しめをたくさん作って用意してくれます。

私が生まれ育った場所は東北。
東北の味付けは、ご飯が進む濃い目の味付けが基本です。
ですので、母親が作ってくれる煮しめの味も、もちろんキリっとしっかりとした味付けです。

母親の煮しめの基本の具材は、鶏肉・しいたけ・にんじん・ごぼう・こんにゃく・こうや豆腐です。

それをベースに旬の食材がプラスされます。

春にはたけのこ、夏にはふき、秋には栗やぎんなん、そして冬は里芋など・・・

母親が作る煮しめには季節を感じることができます。

料理上手で、性格もどちらかというと几帳面な母親は、にんじんをきれいに面取りしたり(おめでたい時には花型にしてくれました)、こんにゃくもクルンと巻いて可愛い形にしたり、具材はひとつひとつ別に味付けしたりと、とても手の込んだ作り方をします。

また、お料理は彩りも大事!と、煮しめを大皿に盛り付けたら、必ず緑の野菜(さやえんどうやいんげんなど)を飾ることを忘れません。

まさに、料理本に出てくるような完璧な煮しめであります♪

今度、母親の煮しめを口にするのはお正月帰省かな・・・

今からとても楽しみです。

美味しいおススメの熊本のお土産

ページ上部へ戻る