母の味の煮しめ

お煮しめというと、我が家の母の味が一番好きです。

私も結婚して、お煮しめを作りますが、母の味が一番だと思っています。

最近はおせち料理のお煮しめを一緒に作ることもあり、母の味を真似したいと思っていますが、同じ調味料を使っているのに、その味とは微妙に違ってしまうのです。

とても不思議です。

私の大好きな母のお煮しめに使っているのは、ごぼう、里芋、にんじん、たけのこ、しいたけ、こんにゃく、そして出汁の役目も果たす鳥のむね肉です。

母曰く「里芋は絶対必要。あのとろっとしたおいしさがいいのよね」と言います。

私はこんにゃくとたけのこが昔から大好きで、お煮しめを作るとそればかり食べてよく怒られていました。今もそれは変わらず、しかも子供にも遺伝してしまいました。

また、味付けには干ししいたけをもどした汁を必ず入れています。

ただそれ以外は簡単で、なんとめんつゆと酒とみりんだけなのです。

なのにあんなにおいしいなんて・・・。

私は出汁などもいろいろ足していたのですが、じつはとてもシンプルな味付けだとわかりました。

よく愛情も味のうち、と言いますが、私はそれは本当だと思います。

私もこれからは、自分のオリジナルのお煮しめを作って、もちろん愛情と言う味付けもたっぷり注ぎたいと思っています。

美味しいおススメの熊本のお土産

ページ上部へ戻る