大晦日に母と作った煮しめ

煮物と言えば母が作ってくれていた煮しめを思い出します。

父の好物だったので普段もよく作っていましたが、大晦日に大量に作る煮しめが圧巻でした。

とにかく大鍋で大量に作るので、子供だった私も野菜の皮むきなどの手伝いをさせられました。

お正月はその煮しめが続けて食卓にのぼるわけですが、日が経つにつれて次第に味がしみてきて美味しくなるのが大好きでした。

結婚して地元を離れてから作る煮しめは、母の作り方とはちょっと違っています。

母はだし汁で煮込むだけでしたが、私は炒めてから煮込むのでわりとこってりした感じになります。

母の入れなかった鶏肉と里芋なんかも入れたりします。

このあたりはそれぞれの家庭で違うのかもしれませんね。

私は夫が和食好きなので割と頻繁に煮しめを作ります。

友達からは、作るの面倒じゃない?と言われます。

確かに下ごしらえは面倒かもしれませんが、母のように大量に作っておけば何日か食べられるし、お弁当のおかずにもなります。

根菜類を摂るのも体にいいですしね。

けれども煮しめと聞いて思い出すのはやはり大晦日に母と作った煮しめですね。

あの時の、忙しい中てきぱきと料理をしていた母と、お正月家族で味わった煮しめの味。

忘れることの出来ない思い出です。

美味しいおススメの熊本のお土産

ページ上部へ戻る