ご飯のおかずで気に入っているメニューの煮しめ

煮しめが好きと言うと渋いと言われることが多いのですが、昔からよく食べていたので大好きなメニューの一つです。

現在は一人暮らしをしていますが、実家にいたころは祖母も祖父も一緒に暮らしていたので煮しめが食卓に並ぶことが多く馴染みがありました。

実家の煮しめは醤油ベースの甘めの味付けで、里芋、こんにゃく、人参、筍、きぬさや、じゃがいもなど具沢山で食べ応えがあります。

一人暮らしをした現在でも、自分で手作りしています。

甘めの味付けなので、ご飯が進む一品だと思います。

いつも作るときは、圧力鍋で大量に作ってお弁当のおかずとしても持っていくことがあります。

圧力鍋は、煮しめを作るときにぴったりの調理器具だと思います。

短時間の加熱で野菜に味をしみ込ませ軟らかく煮ることが出来るので、仕事で帰りが遅くなった時でもすぐに煮しめを作ることが出来るからです。

煮しめの作り方は習うまでは難しいと思っていたのですが、具材を切って鍋に入れて調味料を入れ煮込むだけなので料理が苦手な人でも簡単に作ることが出来ると思います。

いつも煮しめには人参を入れているのですが、見栄えが良くなるように人参を花柄の形に切って煮込んでいます。

ひと手間加えるだけで、皿に盛り付けた時に一段と美味しそうに見せることが出来ます。

美味しいおススメの熊本のお土産

ページ上部へ戻る