おばあちゃんの懐かしい味について思うこと

私は小さいころから両親が忙しく働いていたため、小学生になるまで祖母に面倒を見てもらっていました。

そのため、祖母の手作りのご飯を食べることも多かったのです。

祖母は元々あまり料理が得意なほうではなかったのですが、それでも祖母が作ってくれた焼きそばは絶品でした。

祖母の作る焼きそばは、具材の種類も少なく基本的にキャベツと魚肉ソーセージのみのことがほとんどでした。

それでも、キャベツと魚肉ソーセージの素朴な味がとてもおいしく、私はこの焼きそばに目がなかったのです。

今でも私自身が焼きそばを作る際にはキャベツとソーセージだけで作ることが多く、食べているうちに祖母のことが頭に浮かぶこともあります。

私がおばあちゃんの懐かしい味について、思いを廻らす料理は他にもあります。

それはイカの粕漬けという郷土料理です。

祖母は函館出身の祖父と結婚し、長いこと函館で暮らしていました。

函館といえば、質の良いイカが取れることで知られていますが、祖母はそのイカを使い、お正月前になると必ずオリジナルのイカの粕漬けを作ってくれました。

イカのワタを抜いた後のお腹の中に、イカゲソと、ホウレンソウ、ニンジンなどをつめ、かすの中に漬け込んで作るのです。

その味わいが何とも言えず、お正月前になるとまた食べたいと強く思うのです。

美味しいおススメの熊本のお土産

ページ上部へ戻る