おばあちゃんの懐かしい味について思い出すこと

mandwom.com englische liebeszitate 私のおばあちゃんは新潟に住んでいました。

swv 兵庫県在住の私はお盆休みだけしかおばあちゃんに会えず、それ以外は手紙や電話で連絡を取っていました。

obc certificate delhi おばあちゃんは年に少なくても4回は荷物を送ってきてくれました。

marques houston noize その中に必ず入っていたのはお漬物です。

私が特に好きだったのは梅干しと夏場限定の小茄子でした。

梅干しは紫蘇も一緒に入っていて、夏場に食欲が落ちたときは母がよくその紫蘇をみじん切りにしておにぎりに混ぜて食べさせてくれました。

また、風邪を引いた時はおかゆに梅干しを添えてくれていました。

元気がない時におばあちゃんの作った梅干しや紫蘇を見るとパワーをもらっている気分になっていました。

また小茄子は新潟では有名なようですが、兵庫県では見たことがありません。

夏になると送られてきたりおばあちゃんの家で食べたりしました。

ですから、小茄子を見るたびにおばあちゃんを思い出します。

小茄子は塩漬けにしていました。

小さな茄子なのですぐに漬かって食べごろになります。

ご飯のお供にはピッタリで、小茄子の塩漬け1つでとてもご飯が進みます。

おばあちゃんの懐かしい味について思い出すと一緒におばあちゃんと過ごしたことも考えて、温かい気持ちになれます。

美味しいおススメの熊本のお土産

ページ上部へ戻る