おばあちゃんの懐かしい味についての思い出

子供の頃は煮物の味が濃くてしょっぱくて、あまり好きになれませんでした。

母も同様だったようで、休みの日は祖母の作る料理とは対照的に、洋風なメニューが並んでいてとても嬉しかったことを覚えています。

肉料理が多かったのですが、中でも野菜をみじん切りにして挽肉と合わせ、牛乳とクリームコーンで仕立てた、スープのようなシチューのようなものが大好きでした。

弟と一緒に、何度もおかわりしていた食卓の場面を鮮明に覚えています。

大人になって結婚して子供が産まれると、今度は自分が子供達にも食べさせてあげたいと思い、母にレシピを確認しました。

そうしたら、あれは実は祖母が作ったものだと聞かされました。

どうやったら私たち兄弟が食べてくれるのか、昼の料理番組を見てメモしたものを作ったそうです。

パックで売っている生クリームをよく知らず、牛乳で代用してさらに水を足していたとも聞かされました。

母に、私も昔作ったことあるよと言われてようやく思い出しましたが、祖母の作るものよりもこってりしていたようで、どちらかというと祖母の作ってくれたものをよく食べていた記憶が強いです。

昔ながらの懐かしい味、という思い出ではありませんが、自分の子供達が喜んで食べている姿を見るたびに、祖母が一生懸命作ってくれたんだなあと、改めて感謝しています。

美味しいおススメの熊本のお土産

ページ上部へ戻る